デスクトップ仮想化 VERDE

シンプルでユニークなデスクトップ仮想化 VERDE VDI

VERDE VDIとは

VERDE VDIは、最も安全で使いやすいエンタープライズ・グレードの仮想デスクトップ・インフラストラクチャを提供します。VERDEを導入することにより多様化するデスクトップ環境の運用管理を簡素化し、投資対効果(ROI)早期向上を実現します。VERDE VDIは、競合他社よりもはるかに低価格かつ差別化のある、以下の3つの追加機能を提供しています。

  • WindowsとLinuxクライアントを同様にクライアントとして配信します。
  • VDI処理を組織の端に分散させることでWANの遅延時間を排除します。
  • オンプレミスからクラウドホスト、または独自のクラウドブランチ技術を使用してエンドユーザーコンピューティングファブリックを拡張します。
       

VERDE VDIの特徴

コストパフォーマンスに優れた仮想デスクトップ

導入コストがボトルネックと言われる仮想デスクトップ。
Linux KVMを仮想化基盤とし、オープンソースソフトウェアを活用したVERDEなら、既存資産も有効活用しながら導入・運用コストを大幅に 削減できます。
さらに、小規模から大規模まで優れた拡張性を提供します。

クライアントの管理負荷を大幅軽減

セキュリティパッチ適用や新しいソフトの追加は、管理者にとって頭痛の種です。
VERDEなら、すべての仮想デスクトップの状況をWebベースの管理画面でモニタリングし、クライアントへのサポートをセンターからゴールドイメージ方式で一括コントロールし、簡単・確実に行えます。

セキュリティ対策・ワークスタイル変革

クライアントPCの端末紛失・盗難による機密情報漏洩、ハードディスク故障による重要データの消失…。
クライアント端末にデータを残さないVERDEなら安心です。しかもスマートフォンやタブレットなど新しい端末にも対応し、どこからでも快適に利用可能です。

 

※ 右側の画像をクリックするとPDF資料が開きます。

お問い合わせはこちら

VERDE VDIについて、詳しくご説明させていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

VERDE VDIのお問い合わせはこちら

このページの先頭へ戻る